スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あヴぁPC-VGA編(2)

パーツごとにあヴぁ向けのものを考えていく、今回はVGA編その2です。
(なのである程度PCに関して知識のある方向けの記事です)

前回の続き。

<GeForce>

■最低限欲しいVGA

GeForce 9800GTくらいでしょうか、もちろんそれ以前の古い型でも動きますけど。
様子を見つつある程度の画質くらいは確保できるし値段も割りと安いと思います。

■AVAオススメのVGA

ずばりGeForce GTS250(=GeForce 9800GTX+)です!これに限りますね。
このVGAならほとんどの設定を高く設定しても快適らしいですし値段もこのレベルでは安い1万円前後。
3D性能がけっこう高いので割といろんなゲームにも対応できると思います。

■GTS250≠GTS450 (?)

ここ最近発売されたGTS450。ミドルレンジVGAの新製品として注目されていますが実際に性能的には両者とも変わらないそうです。むしろ普通のゲームをするにいたってはGTS250のほうが性能がいいみたい。

理由はDirectX9.0にGTS250が対応し、DirectX11にGTS450が対応しているため
最新のDirectX11に対応したゲーム(現在では少ない)じゃないとあまり使えないそうです。

AVA等のオンラインゲームはDirectX9.0対応なのでGTS450を買うのは勿体ないでしょう。

■そのほかのVGA

現在メーカー製のPCはだいたいGTS250かGTX460のどちらかです。
それ以前のものは性能的に見劣りしますし、2つの間のGTX260~GTX295はそれなりに性能は高いんですが...
値段もかなり高い上に、けっこう発熱や消費電力が高く、玄人向けでバランス的には×。
これはGTX465~GTX480の製品にも同じことが言えます。

AVAはけっこうVGA温度が上がりますし、バランスのいいものを選択して欲しいですね。

GTX460は性能がけっこう高いのにも関わらずGTX465~480と比べた場合の消費電力や発熱が抑えられているので人気です。将来的に他のパッケージ系の重たいゲームをする予定なら今が買い時。
メーカー独自の静音性や冷却能力が高いものも多いのでGeForceのなかでは扱いやすいかな。

次回はもっと詳しくなります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。